感想/図鑑に載ってない虫(試写)、イン・ザ・プール(DVD&単行本)
d0055469_9431947.jpg映画になろうがユルさは変わらず! 『図鑑に載ってない虫』6月23日公開。フリーライターの俺は、臨死体験ができるという「死にモドキ」なる虫を探し、死後の世界を記事にしろという発注を受ける。手がかりのないまま、アル中のエンドー、リスカマニアのサヨコ、さらに目玉のおっちゃんとチョロリを連れての珍道中〜。
映画「図鑑に載ってない虫」公式サイト

『時効』も大ヒット中の三木聡。その色は今作も炸裂。まるでデタラメな小ネタと話が延々続いていくのです。こういっちゃ申し訳ないけど、ドラマ1時間ならいいけど、映画2時間になると飽きてくるんだよね、途中で。最後にはまた戻ってこれるんだけどさ。てことで、期待し過ぎたこともあってか、思ったより笑えず。あえて周りの期待を裏切るように、いつものユルさの裏をかいた的ユルさで作ってるような気がしたわ。

何を語っても仕方ない映画だけど、伊勢谷君と凛子たんていうキャスティングは三木映画には合いません、全然! だってユルくないもん、2人とも。やっぱこういうイロモノというか、コメディって役者を選ぶよなー。松尾スズキ、岩松さん、ふせさんはいつも通りで安心。ふせさんなんて、性別不明のキャラにあわせて角刈りにしてきたっつーから、おもしろすぎでしょ。

d0055469_22444826.jpgd0055469_2244573.jpg原作読んでからのぞんだ『イン・ザ・プール』。オリジナルは伊良部病院を舞台にした連作短編集。その中の3つのエピソードを同時進行させつつ、原作にないユル小ネタで三木色を追加。どちらの良さも損なうことなくいい塩梅に仕上がったね。役者もいい。ストレスという現代病を題材に軽快に仕上げております。原作の方がシニカルな感じしてて、映画はコメディに特化。原作があるおかげで、ストーリーがちゃんと進行できてるのが、ほかの三木作品との違いか。笑

これまでの4本を比べると、『イン・ザ・プール』>『かめはや』>『図鑑〜』=『ダメジン』て感じ。ちなみに『図鑑〜』のあの人が、『帰ってきた時効警察』に登場するとか!? お楽しみに!
[PR]
by april_foop | 2007-05-22 00:00 | 映像
<< 感想/アヒルと鴨のコインロッカ... 感想/憑神(試写) >>