カメラ・ラバー
d0055469_11453861.jpg渋谷のTSUTAYAで人待ち中、こんな写真集発見。『Camera People-カメラピープル』。100人による100枚の写真が並んでて、カメラマンもいれば主婦やフリーターなど撮影者の経歴はさまざま。よくよく調べたらそもそも「カメラピープル」っていう写真愛好家たちのコミュニティがあって、そこが製作したものみたい。
Camera People-カメラピープル
コンテストやワークショップとか、いろいろ企画ものもやっていて楽しそ!

オレっち、軽度のカメラ好きで365日デジカメ携帯してるけど、最近はちょっとお熱も冷め気味。でもこの写真集観てたら、やっぱ撮りたい!スピリットがムクムクと。だって素敵なお写真が並んでるんだもの。人物、風景、建物、瞬間。写真まったく詳しくないけれど、理屈抜きに好きだわ。ここに掲載されてるのは全般やさしいテイストで、気持ちのいいものばかり。

多分、残しておきたいんだろーね。なんらかの証を。こーやってつらつらと文字を束ねるのもそうだし、写真を撮るのもきっと同じ。見聞きしたもの、感じたものを何かしらの形にするという作業がその経過含めて好きなのだわ。目に見えないものを自分というフィルターを通して具現化する行為に生きがい感じますもの。大げさに言うならば。

d0055469_1145486.jpgということで、いいきっかけが重なったので長らくの懸案事項だったデジカメ購入に踏み切った。パナソニックのLumix DMC-TZ3 (買ったのはブラック)。とにかく高倍率ズームを求めてて、いちばんコンパクトだったのが決め手ね。

春が来て、ニューのカメラ持って、ちょっとウキウキ。カモーン、決定的瞬間! 確信的被写体!!
[PR]
by april_foop | 2007-03-27 00:00 | 閑話
<< 感想/こわれゆく世界の中で(試写) 感想/明日、君がいない(試写) >>