感想/恋愛睡眠のすすめ(試写)、キング 罪の王(試写)
d0055469_9213771.jpgポップ☆でキッチュ★なフレンチファンタジー『恋愛睡眠のすすめ』4月28日公開。父を亡くしてフランスの母の元に帰って来たステファンは夢に逃避しがちなナイーブ君。隣に越して来たステファニーに恋するものの、やっぱりうまく伝えられない。で、夢の中でステファニーと恋愛するうちに、現実と夢が倒錯しはじめちゃった!
映画「恋愛睡眠のすすめ」公式サイト

美術がカワイイの〜。ハンドクラフト系のポップなセットがたくさん出て来て、キュートでロマンチック(子供じみてるともいえる)。現実世界、ステファン君の精神世界、そんで夢の中つートリコな世界でガエル君がチャーミングなボクキャラで登場。お姉さまステファニーとの対比もちょうどいいし、トボけた同僚たちのテンションともマッチ。

3つの世界だけど特に混乱するようなことはなく、楽しいユーモアがちりばめられて、笑えて愛おしい夢物語。リアリティ出しやアクション誇張のためじゃない、ファンタジーとしてのCGもうまくフィット。デートにも、女子同士にもおネータマにもほどよく楽しめる一作となりました。ガーリーテイスト好きにはドンピシャ!

d0055469_1924198.jpgガエル君つながりでもう1本『キング 罪の王』。DVD5月2日リリース。
ガエル・ガルシア・ベルナル主演『キング 罪の王』オフィシャルサイト
同じガエル君とは思えないワ。これまた救済のない。。復讐劇だけれど、そこに計画性は感じられず、あれよあれよとエスカレートして、まさかまさかで最後まで逝っちゃった、と。ガエル君は色気と憂いをかもして、この悲劇を体現。この背徳ムードはけっこうすごい。キリスト教をモチーフにしてるらしくタイトルもその香りがするけど、宗教的バックグラウンドを持たないオレには、この映画の真髄はわかんなそうだなー。

『バベル』ではワイルド・メキシカンだし、GWは3者3様なガエル君をお楽しみあれ〜。
[PR]
by april_foop | 2007-03-29 00:00 | 映像
<< 感想/ゲゲゲの鬼太郎(試写) 感想/こわれゆく世界の中で(試写) >>