感想/キャプテントキオ(試写)
d0055469_1464128.jpgウエンツ映画初主演、こ、これでよかったの…?な『キャプテントキオ』2月17日公開。20XX年、かつての首都・東京は大地震で壊滅。日本国から切り離され、街は荒廃しきっていたが、徐々に若者が集結し独自のコミュニティを形成しはじめていた。そこに流れ着いた高校生のフルタとニッタ。2人は映画撮影をする集団に出会い、やがてフルタは自ら書いた脚本『キャプテントキオ』の撮影をすることに。
キャプテントキオ

酷い目にあったわ。荒唐無稽な設定は別にいいけど、最初から最後まで空回りってのはさすがにキツイ。キャラに魅力ない、話は支離滅裂、テキストがお寒い。B級なのはわかっていたけど、ここまでとはね…。でもテーマはきっと夢と友情。『少年ジャンプ』へのオマージュのつもりか?

これ以上言うことありません。ボクにはまったく受容できない1本でした。
[PR]
by april_foop | 2007-02-06 00:00 | 映像
<< 感想/さくらん(試写) 美食百花 dish23 並木橋... >>