感想/モーツァルトとクジラ(試写)
d0055469_9451649.jpg目新しさはないけど、嫌いではない『モーツァルトとクジラ』2月10日公開。アスペルガー症候群のドナルドは、同じ悩みを抱えるもの同士で集会を開く。そこに新たに加わったイザベルは、傍若無人系の個性的なキャラクターながらも、やはり心に傷を抱えていた。惹かれあいながらも、うまく心をコントロールできない2人のラブストーリー。
_−_− モーツァルトとクジラ OFFICIAL SITE _−_−

こういう、"ちょっとオリジナル"な分だけ純粋なの、みたいな恋愛モノってひと昔前〜、な感じがするけど、悪かなかった。1人だけじゃなく2人してオリジナルだから、ケンカとかしてても、どっちもどっちじゃん!みたいな感じ。大して中身はないけど、テンポよくって、画作りが素敵だから、観心地がいーのよ。で、幸福感を味わえるからそれでいいかな。ジョシュ君は純情青年ぷりが顔にお似合いでカワイイし、なんとクジラの着ぐるみ姿まで披露しちゃってるし!(これがタイトルの由来) ファン必見でしょ。

どことなーく『ランドリー』みたいな雰囲気も漂いつつ、とりあえず可も不可もないから、ラブストーリー好きな人、ジョシュ君が好きな人、純粋な気持ちになりたい人はドウゾ。デートにも悪くないデース。ラダ・ミッチェルの「ハァッ!」って笑い声はちょっと怖いけど。
[PR]
by april_foop | 2007-02-02 00:00 | 映像
<< ドラマ中継2007年1月クール... アートタウン六本木 >>