「ほっ」と。キャンペーン
感想/世界最速のインディアン(試写)
d0055469_1495922.jpg評判の良さに釣られてみたら、マジ、最高! ジジイの青春に涙キラリな『世界最速のインディアン』2月3日公開。ニュージーランドのバート翁、御歳60オーバー。日々、1920年式バイク「インディアン」のカスタムに明け暮れ、やがて世界最高速を目指してスピードトライアルの聖地・ソルトレイクへと渡る! つーロードムービー×青春ドラマに大感動〜! はい、実話ベースね。
世界最速のインディアン - オフィシャルサイト

第一に、アンソニー・ホプキンスが絶品。口が悪くて体にガタがきてるボヤきジイさんを卓越した演技で魅せる。バイクと同じ愛すべき直進野郎で何があっても挫けない、折れないのキャラがまたホットでクール。第二に、余計なセンチメンタリズムを挟まない展開が、嘘っぽくなくて◎。よく走るプロットはさながらドライレイクのよう。第三に、スピード感ある映像。レースシーンは思わず手に汗握るスポコン状態。さらに節々でさりげなく人生観を語るサマも押し付けがましくなくてグッド。

ロードムービーだから、道中かなり色んな人に出会うんだけど、軒並みバートに親身になる。でもそれがうさん臭くないのは、背景がしっかり描けてるから。このジイさんなら確かにチカラになってやりたい、って思わせるだけの説得力あるし。あの情熱には感化されずにいられないし。ソルトレイクについた時の涙はサイコーだよ、君。

そんなこんなで、一気にクライマックスを迎え、気づけばこっちも涙ジワリ。最後まで失速しない見事なゴールでった。いやホントに勇気もらえる映画で、観た日は1日すこぶる気分よく過ごせましたわ。超オススメ!
[PR]
by april_foop | 2007-01-30 00:00 | 映像
<< 感想/華麗なる恋の舞台で(試写) 感想/聴かれた女(試写) >>