リンゴ・リンゴ・リンコ
d0055469_135434.jpg突然だが、リンゴが好きだ。

誰にでも、無意識的かつ無条件に心惹かれるモチーフってのがあるんじゃないかと思うが(カエル好きとかよく見るし、まあキティラーもありとしよう)、私にとってのそれは、りんごであり、林檎である(もちろんリンゴでも構わない)。そもそも果物として、果実も果汁も(シードルも)好きだし、あの変形球状な形も好き。色艶も字面も響きも好き(appleでもね)。使ってるフレグランスは青リンゴの香りだし、アップルコンピュータだって、椎名林檎だって大好きさ。

このリンゴちゃん、掘り下げてみると実にいろんな象徴として、紀元前からたくさん登場している。アダムとイヴが口にした知恵の実だとも言われてるし(実際これは一部誤解であって、「リンゴ」ではなくあくまで「果実」らしいけど)、数々の神話寓話にも登場。万有引力を導かせたのがリンゴなら、白雪姫を死に至らしめるのもまた林檎、ウィリアム・テルが射抜いてみせたのもりんごなんだよねー。虚実入り乱れつつ、なんて神秘的な存在! ふぞろいの林檎は…どうでもいっか。

とにかく、こんな果物は他に見当たりません。イチゴもミカンもブドウもメロンも雑魚! 一体リンゴのなにがここまで人を惹き付けるのでしょうか。不思議だなー。本当のフルーツの王様はリンゴなんじゃないの?

まあそんなわけで、私、リンゴをデザインモチーフにしたアイテムとかを微妙に収集してたりします。なんか素敵なアイテムあればご紹介orご提供くださいナ。青森あたりに行けばいろいろあるのかなー?

そしてリンコたん、残念だったね。<え、このひと言のためのエントリ!?
でも『バベル』は間違いなく傑作だったから。
[PR]
by april_foop | 2007-02-26 00:00 | 閑話
<< 感想/ホリデイ(試写) 感想/渋谷区円山町(試写) >>