感想/幸せのちから(試写)
d0055469_1020441.jpgウィル・スミスが実子と共演したことでも話題の『幸せのちから』1月27日公開。妻にあいそをつかされ、アパートを追い出され、人生のドアマットに成り下がってもなお愛息クリストファーだけは守り抜いた男の実話ベース感動サクセスストーリー。フツーにいい話です。
ソニー・ピクチャーズ-幸せのちから

クリスパパはホームレスまで落ち込むんだけど、悲壮感ないのよ。だって聡明でタフで努力家で、運がなかった以外は完全にヒーローなんだもの。普通なら出てくるはずのイラ立ちとか、焦燥感もなし。心、折れません。子は子で不自由してもママ不在でもちっともグズらないし。だからどんなに過酷な状況でもハッピーエンドが目に見えてて、予定調和な感じは否めないのだ。といいつつ、どん底の一夜(なかなか良いシーン)を筆頭に、父子の涙ぐましい愛情にやられてポイントポイントで涙を誘われるんだけど。

ウィル父子のお芝居はさすがって感じ。父はスペシャルでハートフルな理想的パパを熱演しててグっとくるし、息子クリストファー(実名)も無垢な子供を好演。これってやっぱ普段の信頼関係そのものだろうね。2人の絡みはどこまでが演技かわからないもの。可愛過ぎるぞ、クリストファー!

そんな感じの鉄板ハートウォーミング。実話なのにリアリティに欠けてみえたところが惜しまれるナー。あと少しの弱さを見せて欲しかったっス。
[PR]
by april_foop | 2007-01-10 00:00 | 映像
<< 感想/どろろ(試写) 美食百花 dish21 冬こそ... >>