沢北に続け
d0055469_1305258.gif「スラムダンク奨学金」が設立されたってよ!
Slam Dunk Scholarship
ハイ、これは多分日本でもっとも影響力のあるバスケ関係者、井上雄彦大先生が集英社と組んで打ち立てました。日本バスケ界振興のためのプロジェクト。簡単にいうと、今現在の高校2年生(2008年3月卒業見込み)を対象に、アメリカのプレップスクールへのバスケ留学(14カ月間)を完全サポートします、って話。
:::INOUE TAKEHIKO ON THE WEB:::

なんて夢のある話だ! 選考は書類&ビデオで通過した人を、現地に連れてって最終実技テスト。合格者は若干名、該当ナシもありえるそう。対象が限定されている上、狭き門でもあるけど、バスケに賭けるならこれはかなり魅力的な話。奨学金を受けず独力で渡米してる人からすると、甘えんな!って話かもしれないけれど、ひとつのアクションとしてとてもいいことなのでは。これを機に、バスケへの情熱を見つめ直す子もたくさん出るんじゃないだろーか。

社会貢献活動って、慈善系への寄付とかがわかりやすいけれど、こういうアグレッシブな還元の仕方もあるんだな、って気付かされた。『スラムダンク』というひとつのマンガがこんな風に広がっていくなんて、本当にすごい。ぜひ多くのチャレンジとパッションを見せてほしいです。

日本人がバスケで世界に通用しないとはまったく思っていなく。たとえばイチロークラスのトップアスリートがバスケを志せば、きっとNBA入りもありえるんじゃないかと思ってる。2m超のグッドプレイヤーは難しくても、185cmのグレートプレイヤーは生み出せるはず。そんな未来に向かってがんばれ! 奮い立て! 高2バスケットマン!!

d0055469_1311458.gifだたーし! 間違っても谷沢にはなっちゃダメだぜ。
[PR]
by april_foop | 2006-12-23 00:00 | 体育
<< 「この東野圭吾がすごい!」 感想/悪夢探偵(試写) >>