感想/犬神家の一族(試写)
d0055469_8304585.jpg御歳91!の市川崑監督セリフリメイク作『犬神家の一族』12月16日公開。信州の大富豪である犬神家の当主が死去。その驚くべき遺言が明かされたのを機に次々と殺人事件が起こる。どうする名探偵・金田一!?
犬神家の一族

オリジナルは1976年というから(もちろん未見)、30年ぶりですか。内容は、古典的ミステリ。現代ミステリと比べてしまえば当然新鮮味はないけど、古き良きって感じの謎解きは嫌いじゃない。そして名役者たちの競演は見応えあり。石坂浩二が30年越しに再び主役ってスゴイよね。もっとも、オリジナルを知ってる人こそ、その味わいを真に理解できるんだろーけども。

強いて突っ込むならば、深キョンの細眉が時代にあってないだろー、ってことくらい。個人的に2〜3カ所笑えるポイントがあったんだけど、試写室では誰も笑ってませんでした。。笑 若人には不向きな作品だろーけど、とにかく91歳でなお現役という監督に最敬礼の一本です。
[PR]
by april_foop | 2006-11-29 00:00 | 映像
<< がっかりさせないわよぉ! 雑誌読みの会、勝手に入会 >>