感想/シャーロットのおくりもの(試写)
d0055469_0151910.jpg全米でベストセラーの児童文学が原作『シャーロットのおくりもの』12月23日公開。子ブタのウィルバーとクモのシャーロットの友情と奇跡の物語~。

なんつったって児童文学ですから、子供っぽいのは確か。娘っ子(ダコタ・ファニング)が子ブタを助けて育てて、って始まりだからね。話の流れも予測の範囲で、みんながハッピーになってめでたしめでたし。素直な心を持ち合わせてれば、良かったね!でOKだし、もうそんな子供じゃありませんわ、ってんなら多少退屈しちゃうかもしれない。オレはその中間て感じで、特にハマりはしないけど、うんうんいい話だ、というところ。

お正月だし、ファミリーで観るのが多分ベスト。とはいえ、いろんな映画がある中で、たまにこういう素直な作品でデトックスしとくのって、意外と効果的なのかも。なんていい子ぶりつつ、ブタ、食べちゃってます。ウィルバー、めんご!
[PR]
by april_foop | 2006-12-09 00:00 | 映像
<< NIKE+ report #3 感想/鉄コン筋クリート(試写) >>