感想/とかげの可愛い嘘(試写)
d0055469_1813819.jpgチョ・スンウ×カン・ヘジョンの韓国純愛映画『とかげの可愛い嘘』12月16日公開。ジョガンは転校生の少女アリに好意を抱く。とかげをポケットに忍ばせ、嘘ばかりつくアリは、ある日ジョガンの前から姿を消した。再会のたびに何も言わずに消えてしまうアリ。ようやく明かされた、アリの嘘の秘密とは。別に悪かないけど、新しさは何一つないのがツライところ。
とかげの可愛い嘘

いわゆる韓流ものに、『セカチュー』と『ただ、君』テイストをくっつけたかのようなお話。そういう純愛設定が悪とは思わないし、この作品だけを観れば、小粒ながら形にはなってる。けど、もう何番煎じかもわからんくらいやりつくしてるよね。嫌いじゃないんだけど、さすがにもう要らんよ。

問題は、アリのつく嘘があんまし可愛くないところ。もうちょっとエスプリの効いたもんはなかったのかね。同じ嘘なら静流@『ただ、君』のつく嘘のほうがシャレてた気がするけど。あと、少年ガジョンのとかげダイブと、大人ガジョンの靴ひも縛りもやりすぎだよね、うん。ガソリン強請りもちょっと。。唯一グっときたのは、少女時代のアリがカッパととかげを身につけていた理由。かなり可愛くて、それだけに、やる瀬なさ倍増。

ところでこの作品、おすぎが意外と気に入ってて、号泣説もあったりして、今出てる『FRAU』で推薦してます。号泣説は、自ら否定してますがw
[PR]
by april_foop | 2006-11-25 00:00 | 映像
<< 加瀬亮が気になる。 感想/永遠の出口(文庫) >>