感想/ヘンダーソン夫人の贈り物(試写)
d0055469_1291529.jpgコメディでありながら、大きな愛情に胸を打たれる良作~! 『ヘンダーソン夫人の贈り物』12月23日公開。1937年、未亡人となったヘンダーソン夫人は劇場を買収。ヴァンダムを支配人として呼び寄せ成功を収めるが、第二次大戦に突入し、閉鎖を余儀なくされ…。
MRS HENDERSON PRESENTS ヘンダーソン夫人の贈り物

前半はわかりやすいさくさくサクセス&コメディでしっかり笑わせてくれ、後半からはシリアスに傾きつつも重すぎるわけではなく、とても安らかな気持ちで観終われるわ。ショーもレトロながらアーティスティックで見栄えいいし。なんといってもヘンダーソン夫人が魅力的。考えるより先に行動、なポジティブさがたまりません。それをリアルに演じたジュディ・デンチ。貫禄とかわいらしさが共存するアッパー70歳、素敵すぎ!

いやね、金持ちおばちゃんの道楽コメディで終わらない、大人の愛情がいーのよ。けどそれを大仰に押し付けるんじゃなく、最後の最後でサラリと種明かしされるのが意外性とあわさって感動を喚起。しかもこれ実話がベースってゆーじゃない。ええ話やわぁ。

軽薄っぽいチラシのビジュアルからは想像できなかった良作。オススメできますねー。
[PR]
by april_foop | 2006-12-06 00:00 | 映像
<< 冬庭園散歩 感想/NANA2(試写) >>