感想/ナチョ・リブレ 覆面の神様(試写)
d0055469_1315753.jpgお馬鹿系ゆるコメディ『ナチョ・リブレ』11月3日公開。修道院の料理番ナチョが、美人シスターに出会って元気百倍。修道院の孤児に美味いメシ喰わせていいところ見せようと、賞金目当てにマスクマンとなってレスリングに出場! けど連戦連敗〜。どうなるナチョ! がんばれナチョ!! 
ナチョ・リブレ 覆面の神様

終始ユル系のギャグ垂れ流し〜。小デブのナチョの相方はひょろひょろノッポなんつー王道コンビもいいテンション。アホな事を次から次へと真顔でやってくれますが、ナチョを演じるジャック・ブラックはだるだるボディのくせにリアルフェイスで、そのギャップもまた味なのよね。

ストーリーは昔のギャグ漫画みたいでどうしようもないけど、これまた往年のコミックよろしくキャラクターが愛らしいからついつい放っておけない感じ。どっちかっていうと味系入ってるネタにつき、誰でも笑えるっていう感じではなく、多少好みが分かれそう。高田純次的とでもいうのかな? オレは好きよ、この手のコメディ。なにげに計算されてるしね。

何も考えずにフフンと笑ってハイおしまい。合格デース!
[PR]
by april_foop | 2006-10-16 00:00 | 映像
<< ドラマ中継2006年10月クール にわかランナーの成長 >>