感想/木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(試写)
d0055469_10542318.jpg3日連続でお届けした10.28邦画決戦! エントリー#3『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』10月28日公開!! キャストは言うまでもないっすね。 
木更津キャッツアイ|ホーム

3年ぶりだあぁぁぁぁっ!ってもう3年も経ってたことに愕然としちゃったけど、とにかくキャッツが帰ってきた。ぶっさんが死んでバラバラになったキャッツ。ひとり木更津に残っていたバンビに、謎の声が聞こえて来た。「それを作れば彼は帰ってくる」。声の主は? その真意は? キャッツはどうなる!?

期待を裏切る事なく初っ端から「お帰り」な感じで、笑、笑、笑! 今まで通りのノリ。てか塚本君と、佐藤隆太の演技がすごい上手くなった気がする。2人ともいろんなとこで引っ張りだこ。成長したなー。そういうのを感じられるのもキャッツという「ホーム」があるからか。て感じでドタバタ話は進み、後半からはなにげにけっこうしんみり。完全にぶっさんとばいばいするモードにシフト。最後は笑わせる事なく終わってきます。磯山Pの意向らしいけど、個人的には最後まで笑わせて終わってほしかったナ。。

『TRICK』同様、ファン向け娯楽作品で、キャッツフリークなら普通に楽しめるでしょ。つーか今作、マスコミでのネタバレ禁止が激しく、NGワードだらけ。そこも触れちゃダメなの!? ってわけで、どんな媒体でもほとんどストーリー掴めないと思うので、あとは劇場でお楽しみあれ〜。ちなみに岡田君、相変わらずのパーフェクト美男子でした。

『ただ君』(東映)、『虹の女神』(東宝)、そして『キャッツ』(アスミック・エース)と話題の邦画が同日決戦! 勝つのはどれ!? 映画としては『虹の女神』を押すけど、娯楽としては『キャッツ』なのかなー。
[PR]
by april_foop | 2006-09-30 00:00 | 映像
<< エディトリアルデザインの目覚め。 感想/虹の女神 Rainbow... >>