感想/天使の卵(試写)
d0055469_242680.jpg村山由佳の原作が大の苦手なのに、観た。結果→観なくても良かった。。『天使の卵』10月21日公開。美大志望の浪人生・歩太は、同級生の彼女の姉・春妃に恋をする。夫の死以来心を閉ざしていた春妃は、歩太の真っ直ぐな想いにやがて心を開くのだが…。 
::::天使の卵::::

原作の4年後って設定で、回想ベースで話が進む。続編の『天使の梯子』(これもOUT)との中間。基本的にはかなり原作に忠実といってよさそう。歩太のキャラはもっと繊細な印象だったけど、市原君はかなり強めに演じてました。監督の指示だったらしいけど、原作イメージと随分離れたなー。

小西真奈美はよく演じてたと思うし、沢尻エリカも似合わないショートのヅラで奮闘してたけど、原作同様ストーリーが堪えられません。ありえん展開オンパレードで、とても自然には受け入れられず。お泊まりした時に限って妹が訪ねてきちゃう、ヌードを「生まれたままの姿」って言っちゃう、そのへんどーなわけ? 画像見てわかるとおり、ソフトフォーカス大好き映像も、このストーリーと合わさると粘着質に思える。演出の問題なのかもしんないなー。

ちなみに公開翌日の22日に、テレビ朝日系列で『天使の梯子』を2時間ドラマでやるんですと。キャストはミムラ&要潤。うーむ。
テレビ朝日|天使の梯子

コニタンは、思いのほかとても責任感の強い女性。真摯な仕事ぶりが好印象。スラリ長身&顔が小さすぎて逆にアンバランスに見えるという神業の持ち主でした。
[PR]
by april_foop | 2006-09-26 00:00 | 映像
<< その輝き、いまだ曇らず(写真集) 美食百花 dish14 正体見... >>