感想/マーダーボール(試写)
d0055469_131029.jpg車いすラグビー(ウィルチェアラグビー)のUSA代表をメインに追っかけた戦慄のドキュメンタリー映画登場! 体育会系マインドの持ち主はもちろん、そうでなくてもこいつらのパワーはぜひチャージしておきたいっス。『マーダーボール』10月7日公開。  
映画『マーダーボール』公式サイト

出だしはやっぱヘビーでさ。重度の障害を持つ車いすユーザーが次々出てくるから、その傷跡ばかりを目で追っちまう。けどこの映画は、そんな感傷を欲しがってるわけじゃない。あくまでアスリートとして頂点を目指す男たちの魂に照準を絞ってる。車いすはハンデじゃなく武器であり鎧。そこへ至る経緯は様々で、乗り越えて来た絶望もいろいろだからこそ、辿り着いた境地がイカすのなんの!

USA代表選手数人と、元USA代表であり現カナダ代表コーチの関係を入り口に、アメリカ対カナダの2002年世界選手権、2004年アテネパラリンピックのマッチアップを取り上げる。さらには彼らの姿を見てはじめて車いすラグビーと出会う者。彼らの周辺に居る家族、恋人、友人。観てるうちに段々彼らの傷ついた肉体が異質に写らなくなるから不思議。

ドキュメンタリーらしい出来過ぎてないラストもすごく好き。健常者であろうとなかろうと、自らの宿命を受け入れて、振り切って、何かを手に入れにいく姿はカッコイイわ。観て良かった一本でした。

ちなみに今週の情熱大陸は奇しくもプロ車いすバスケ選手がフィーチャーされる。これも要注目。
岩野博|情熱大陸
[PR]
by april_foop | 2006-09-21 00:00 | 映像
<< 内装飾り付け屋のお仕事 ホントにブレイクできんのか? >>