感想/X-MEN ファイナルディシジョン(試写)
d0055469_257666.jpgアメコミ映画の最終章。前作観てないこともあってかイマイチ。『X-MEN ファイナルディシジョン』9月9日公開。もろ続編だから、前作知らないと節々で理解不能に陥ります。  
X-MEN Final Decision  

ミュータントの能力を消せる薬が開発されて、それを巡っての戦い。チカラを維持したいミュータント、普通の人間になりたいミュータント、ミュータントを恐れる人間、とそれぞれの立場でバトります。VFXすごいところもあるけれど、基本的に能力がしょぼいよ。。

だってさー、炎を出すとか、氷を出すとか、すごいパワーで壁を突き破るとか、壁をすり抜けるとか、そのレベルだよ? 一番すごいやつで、川の激流をねじ曲げるほどのテレキネシスとか、クルマを放り投げるとかだよ?? でバトルはどうかといえば、炎と氷の真っ向勝負だったり、クルマに火をつけて放り投げるとか。能力生かせてない接近肉弾戦も多くて全然IQ使ってないんだもの。「スタンド」とか、『幽遊白書』の能力とか、「デスノート」とか知ってるオレらに、その能力に魅力を感じろといわれてもねぇ。。

ということで、どんなに派手に見せてもそもそも原作の設定が愛せないんだと思います(もっとも原作は、人種的マイノリティに対するテーゼとかがあるらしいけど)。当然映画も楽しめず。子供が観ればよろし。いくら人間模様だの能力者の悩みだの描かれても、心動かんよ。あ、注目子役のキャメロン君が出てるけど『ウルトラヴァイオレット』とまるきり同じ役どころってのもドウナノヨ!

てかなんだこのラスト。続編あり?
[PR]
by april_foop | 2006-08-29 00:00 | 映像
<< オヤスミ、relax 美食百花 dish12 アフリ... >>