DUNKSHOOT外伝 vol.3【Live!】
いよいよ世界バスケも決勝Tがスタート@さいたまスーパーアリーナ! てわけでもちろん乗り込んで来たぜ。興奮が冷めないうちにリポートスタート!  
2006FIBA世スケットボール世界選手権  

d0055469_0121053.gifGER78-77NGR
ドイツ、常に10点近いリードを保ちながらも、ナイジェリアは突き放されかかると3Pとオフェンスリバウンドで食い下がる。そして4Q、ナイジェリアが流れを掴んで猛スパート! ノヴィツキーがディフェンスリバウンドをキャッチしたかに見えたところを、#5が飛び込んで来て空中でそのボールをもぎとってそのままダンクでねじ込むなんつー「スティール+リバウンド×ダンク」みたいなインクレディブル・プレーまで飛び出す始末!  魂が震えました。ラスト8秒1点ビハインドのナイジェリアは、あわよくばファウル狙いのドライブインを試みるもレイアップが外れファールもなしで万事休す。第一試合からメチャメチャ盛り上がりました。

ノヴィツキーは随所にらしさを見せはしたものの全般的には低調。ナイジェリア#7のPGがいいなーと思ったら、NBAプレーヤー(NYK所属)だった。そして前述の#5はメリーランド大のプレーヤー。てことはNBA入りの可能性もなくはない。#13の連続3Pも痺れました。ナイジェリアはFT落としまくったのが悔やまれるところ。

d0055469_0122045.gifUSA113-73AUS
待ってましたアメリカ! 選手の体つきが明らかに違う。あの肉体だけでビビりそうだ。ゲームは1Qこそオーストラリアが善戦したものの、2Qで一気に突き放されてあとは流しておしまい。アメリカはパスが速いね。楽勝だったので本領発揮とはいえないけど十分堪能させてくれました。オーストラリアは、A.ボガッドがすごくよくてびっくり。走れるし、シュートレンジ広いし、ボールハンドリングも上々。さすがは去年のNBAドラ1。強さがついたらオールスター級ですわ。

d0055469_0122929.gifFRA68-62ANG
フランスがグッドDでアンゴラを寄せ付けず4Qまでくるも、ここから急に粘り始めるアンゴラ。ナイジェリアといいアフリカンパワー炸裂で、1点差まで詰め寄りながら、こちらもFTのミスで逆転のチャンスを逸する。アフリカ勢、個々の能力はかなり高いんだけど、すげームラがある。集中してできてるときと、妙に雑でミスるときがあるんだよなー。でも終盤かなり盛り上がって楽しいゲームでした。第一試合といい、観客はついつい負けてるほうを応援しちゃいます。

好きじゃないけど、フランスのディアウ、バランスのいい選手ですね。トニー・パーカーも観たかったよ。あと、シドニー五輪でヴィンス・カーターの"人間越えダンク"をくらったフレデリック・ワイスがいた! 今日はさすがに飛び越えられる事はなかったけどw てかあれを飛び越えてダンクって今更ながら異常過ぎ…。

d0055469_0123865.gifGRE95-64CHN
ヤオ・ミン登場! あまりにも風格のあるスーパースターっぷりにびっくり。会場はチャイニーズ多くて中国のホームみたい。で1Qから存在感ありまくり。ディフェンスではポストでポジションを取らせず、ドライブインにはそれこそ万里の長城のごとく立ちはだかる。オフェンスもボールが入ればあっという間にスコア。サイズだけじゃなくプレーも規格外になってんな。。マジでほれたぞ。

がしかし、チーム力はギリシャが断然上。2Q終盤、フルコートでプレスをかけると中国のガード陣はミスを連発して逆転を許して前半終了。後半はずーっとプレスをかけられ、山王VS湘北状態に陥って、完全に戦意喪失。ギリシャはヤオにボールを入れさせない守りをし、たまに入ってもすかさずトリプルチームで、ヤオに仕事をさせない。中国G陣が弱かったことを差し引いても見事なディフェンスでした。オフェンスもよく組織されててシュート力はピカイチ。順当に行くと準決勝でアメリカと当たるけど、相当いい勝負しそうな気がします。

というわけで12時間アリーナに居続け世界レベルのバスケを満喫。さすがに1日4試合はしんどかったけど、楽しかった! 来週の決勝も行きますが、希望カードはアメリカVSアルゼンチン。さてどうなることやら!?
[PR]
by april_foop | 2006-08-27 00:00 | 体育
<< 美食百花 dish12 アフリ... 感想/弓(試写) >>