感想/46億年の恋(試写)
d0055469_0263676.jpgカルチャーに限らず大概の現象からはなにかしら汲み取る主義ですが、こいつはさっぱり解釈不能! 松田龍平&安藤政信×三池崇史監督『46億年の恋』8月26日公開。   
46億年の恋

とりあえずメンズしか出てこないし、話はすべて監獄の中。ともに殺人犯として同じ日に投獄された有吉と香月。性格はまるで違うのに、獄中の人間から浮きつつ2人は互いに特別なものを感じていた。しかしある日、香月は絞殺される。その首に手をかけるのは有吉。そこで何が起きたのか。感覚的な人間描写とからめたミステリ仕立てで進む、三池ワンダーランド。

いやーロケット出てくるわ、謎の彫り物が浮いたり消えたりだわ、よくわからないシーンじゃじゃ盛り。不思議な舞もあるし、BLとも違うんだろーし、ど〜やっても解釈不可能。監獄はやけにデザインコンシャスで、思いっきりアートな世界です。芸術ってやつぁ難解だなー畜生! 設定がいくら突飛だろうと全然構わないんだけど、世界観がまったく自分の中に融けてこず、でした。誰か答えをくれぃ!

やっぱし松田龍平の演技はイマイチだのぅ。
[PR]
by april_foop | 2006-08-15 00:00 | 映像
<< 感想/虹を操る少年(文庫) 美食百花 dish11 渋谷テ... >>