感想/太陽(試写)
d0055469_0422261.jpg日本の名優イッセー尾形にシビれるがいい! 映画『太陽』8月5日公開。
太陽 The Sun

1945年8月、時の天皇ヒロヒトは苦悩していた。戦局は敗色濃厚。でも折れない軍部。彼を追いつめる悪夢。そしてマッカーサーとの会談。周囲に現人神と崇められる孤独。そんな中の密やかな趣味。昭和天皇を悩めるいち人間として海外監督が描いた天皇陛下の物語。

ほっとんど音のない今作において、イッセー尾形は抜群の存在感。昭和天皇の面影すら宿しつつ、さして多くないセリフ、乏しい表情、なのにグレート。「あ、そう」って口癖が最高。それ観てるだけでもけっこう満たされるかも。娯楽性は超低いし、ものすごい地味だから観る人選ぶけど、なかなかよかった。イッセー愛好家なら絶対見逃せないね。あ、桃井かおりも少ない出番でいい味出してました。

海外で評価されながらも日本での上映は不可能と言われていた作品。右だ左だは抜きにして、これもまた一つの戦争映画。ひとりの人間の苦悩は観ておいて損はないはず。
[PR]
by april_foop | 2006-07-24 00:00 | 映像
<< ふらり水族館のススメ ドラマ中継2006年7月クール >>