感想/笑う大天使【ミカエル】(試写)
d0055469_8291451.gif川原泉の人気コミックを映画化。主演は上昇ムードのごひいき女優・上野樹里。7月15日公開『笑う大天使(ミカエル)』。ん、微妙!
【笑う大天使(ミカエル)】オフィシャルサイト

母と貧乏暮らしをしていた史緒。母を亡くし、生き別れの兄(ブルジョア系)と再会し、超お嬢様学校に通うことに。まわりのご学友にあわせて「ごきげんよう」なんつってお嬢様ぶってみるものの、やがてボロが出始める。校内でカップ麺食ってるところを同級生に見つかったら、その娘たちも猫かぶり庶民でした。で、後半は怒濤のストーリー展開で、チャーリーズエンジェルばりのアクションつき!

原作知らずですが、面白かったとは言い難し。ギャグなのかなんなのかよくわからず、もうひとつ笑えないままフツーに話は流れてアクションに突入。アクションも特筆点はないけど前半よりは盛り上がったかも。全般CG使ってアニメちっくにまとめられてました。制服&格闘コス映画な面もアリ。

今回準主役の関めぐみはよい女優ね。『ハチクロ』でもあゆを好演してますし、しばらくいろんなところで見られそう。上野樹里は、秋公開の『虹の女神』(楽しみ)に期待したいと思います。
[PR]
by april_foop | 2006-07-13 00:00 | 映像
<< 感想/パイレーツ・オブ・カリビ... 感想/ディセント(試写) >>