感想/ブレイブストーリー(試写)
d0055469_12281728.gif宮部みゆきのファンタジー小説が原作(未読)のアニメーション映画『ブレイブストーリー』。7月8日公開!
ブレイブストーリー

ワタル、11歳。ごく普通というか、若干弱い。で、家庭不和。ある日、近所の幽霊ビルで不思議な扉が見えた。それは運命を変えたいと強く願ったものにだけ見える扉。その先には「幻界(ヴィジョン)」と呼ばれる世界と、運命を変えるための冒険が待つのだった。謎の転校生ミツルの存在もキーになりつつ、「幻界」の運命も背負った旅の結末はいかに。

まんまRPGの世界。軟弱な主人公が仲間と敵を倒して成長してくんだけど、なんせ2時間の映画だけにトントン拍子に成長しちゃい、そのへんは説得力ないつーか、マンガちっくな出来過ぎ君。ファンタジーなんだからそこは許せって話だろーが、ゲーム慣れしてる男子には物足りないぞ。ただ、この映画は現実世界と「幻界」を対比させてるところがあるから一概に否定はできないけど。

最終的に「運命を変える」にあたってのメッセージはなかなかよいです。これまたアニメ〜な感じは否めないけど、すごく大事なことを言ってるからそこはヨシ。共感できますとも。そうだ、運命を変えるのは剣でも魔法でもないのだ! ってラスト30分観ればあとは別になくてもいいかも。どっちかってーとキッズ&ティーンズ向きなのかなぁ。豪華声優陣がお見事で、松たか子に魅せられるのは『メタルマクベス』に続いて今年2回目。原作読みたーい!
[PR]
by april_foop | 2006-06-30 00:00 | 映像
<< Number'外伝4 感想/M:i:Ⅲ(試写) >>