感想/カサノバ(試写)
d0055469_227106.gifカサノバっつー実在した人類史上最高のモテ男がヴェネツィアで繰り広げるロマンチックコメディ、『カサノバ』。ヒース・レジャー&シエナ・ミラー主演で6月17日公開ナリ。
カサノバ

モテ男カサノバ君、今宵も修道女とニャンニャンニャンが見つかって逃亡した先は大学の講堂。そこで出会ったは男装して女性の権利を主張するフランチェスカ嬢。彼女に惚れたカサノバ君だったけど、オンナを転がすカサノバ君を超フェミニストのフランチェスカが好くはずもなく、恋の駆け引き始まり始まり~。

ボク、カサノバって人物を知らなかったけど、けっこー有名なのね。光源氏的なもん? とりあえず、キャッチコピーがやたらに大仰つーか「恋愛至上主義」だの「恋の手管すべてみせます!」とかなわりに、劇中に出てくるのは大したスキルじゃなくて拍子抜け。そんなんじゃ落とせないよ!

でもまー、ピースでハッピーなラブコメで後味は良いよ。マンガのような出来過ぎストーリーでサクサク、ポンポン。デブのギャグは王道で笑えるし舞踏会とかロココで見栄えいいし。そうそう、ナタリー・ドーマー(Natalie Dormer)のドールズ顔がシエナ・ミラーより断然気になったことを付け加えときます。
[PR]
by april_foop | 2006-06-16 00:00 | 映像
<< 蒼井優に見る理想の少女像 ピースなトリップ >>