感想/TRICK2劇場版2(試写)
d0055469_8213452.gifテレビ、映画通じて初めて観る『トリック』シリーズ。いやー堤幸彦らしい典型的娯楽作でんな。明日公開。
『TRICK劇場版2』

奇術師・山田(仲間)と物理学教授・上田(阿部)のおなじみコンビのもとに、ある青年(平岡裕太)が、幼なじみ(堀北真希)を助けてくれと頼みにくる。相手は数々の奇蹟を起こす謎の霊能力者(片平なぎさ)集団。山田と上田は娘を救えるのか!?(とかストーリー書く意味を全然感じない作品だよなー)

ってまー、完全にトリックファンによるトリックファンのための内輪ウケ映画って感じ。クドゆるい感じのいかにもなユーモアはもろF1、M1層向けって感じね。ぼかぁけっこう好き。もうちょっと凝った謎解きがあるのかと思ったけど、全然ですな。トリックすらも笑いの布石って感じでゆるゆる。テレビシリーズもこんな感じなのか? トリックファンは期待通りに楽しめる作品だと思うけど、劇場で観る意味はあんましないネ。

仲間由紀恵の芝居は見るに耐えないと思ってたけど、こーゆーイロモノならキャラっぽく見えて許せるんだね。納得。平岡君と堀北ちゃんは客引きって感じ?
[PR]
by april_foop | 2006-06-09 00:00 | 映像
<< 感想/探偵ガリレオ(文庫)、予... 2006NBA FINALSプ... >>