2006NBA FINALSプレビュー
d0055469_8252512.gifd0055469_8253569.gif開幕は明朝! W杯よりほんの一足お先に失礼します、2006NBAファイナル!!!
NBA.com Finals 2006

対戦はマイアミ・ヒート(以下MIA)vsダラス・マーベリックス(以下DAL)。どちらも初めてのファイナル。どちらもわりと好きチーム。なのですごい楽しみ。きっとかなり接戦シリーズになるに違いない。

MIAはもう言い尽くしたけど"異常"ウェイドとシャックを中心にしつつも、脇を固めるメンツもタレント揃い。一方のダラスはノヴィツキーがエースとして君臨し、役割分担のしっかりした全員バスケ。ハワードが20点以上したら負けなしというジンクスも継続中。いやー展開が全然予想できねーぞ。けど、勝手に全ゲーム予想しちゃおっと。ポイントはノヴィツキーはシャックに近づかないこと。ファールトラブルだけは避けたいからね。

ゲーム1:シャック爆発。ダンカンを止められなかった&PHXの脆弱インサイドを相手にしてたDALインサイド陣は対応しきれず。体調不良のウェイドもムリすることなくマイアミ先勝。DAL 0 - 1 MIA

ゲーム2:ホーム連敗を避けたいDAL。前半リードを許すも後半見事なチームディフェンスで逆転。4Qノヴィツキーの連続ポイントで接戦を逃げ切りタイに。ハワードはこの日も20点を記録し、神話は生き続ける。敗れたMIAはウェイド孤軍奮闘の30点オーバーで別格っぷりを見せ付ける。DAL 1 - 1 MIA

ゲーム3:シャックのファウルトラブルで、終始DALのペース。ウェイドは得点を重ねるものの8つのターンオーバーを犯し連敗。DALのディフェンスが光るゲーム。DAL 2 - 1 MIA

ゲーム4:どちらもディフェンスが引き締まりロースコアの展開。MIAがリードしてはDALが追いつくシーソーゲーム。OTにまでもつれるものの、シャックがファウルアウトでジ・エンド。FTが勝敗を分け、DALが3連勝で王手。ノヴィツキーはFT16/16でこの日もエースの働き。DAL 3 - 1 MIA

ゲーム5:ホームで優勝を決められるわけにいかないMIA。1Qから猛ラッシュで、寄せ付けない。伏兵のポージーが活躍。白チョコの3Pもいいところで決まりMIAの完勝。ハワード20点取るものの、ついに無敗神話が途切れる。舞台は再びダラスへ。DAL 3 - 2 MIA

ゲーム6:激しさを増すなか、ウェイドが超絶パフォーマンスを披露。DALはハック・ア・シャックで対抗するも3Pがまったく入らず力尽きる。がけっぷちからMIAが底力を発揮し、シリーズタイで最終戦へ! DAL 3 - 3 MIA

ゲーム7:神のみぞ知る! と言いたいところだけど、ホームコートアドバンテージを生かしてDALが劇的な勝利。初優勝! MVPはやっぱりノヴィツキー!! DAL 4 - 3 MIA

てことで、妄想プレビュー終わり。勝敗の別れ目ポイントを盛り込んだつもりです。仕事休んでLIVEで観たいけどガマン。楽しみだー!
[PR]
by april_foop | 2006-06-08 00:00 | 体育
<< 感想/TRICK2劇場版2(試写) 2006NBAプレーオフ レビュー >>