スポーツバーdeプレーオフ
d0055469_2234318.gif今日、かなり長文。

NBAプレーオフが佳境。今日のDAL@PHX:GAME6はどうしても観たいと思い、勢いで1人スポーツバー。高田馬場の#23。ここ行くの2回目。

25インチくらいのブラウン管を4台置いた30席程度の小さなお店。店名からしてバスケ好きっぽい。ほかMLB、NHL、NFLなどのアメリカンスポーツ、そしてもちろんサッカーも外すことなく、スポーツ全般を放映。スケジュールはウェブでチェックしてみとくれ。マスターは接客業としてはどうかと思うけど、まあ許す。今日は一応満席気味。ただし、オレがダラス応援なのに対しお店のムードはフェニックス寄り。選手もオレもアウェイ。

多分スポーツバーって減少傾向(オレの感覚調べ)。今や見ようと思えば大概自宅で見られるかんね。逆に言えば、飲食店でスポーツ流す事もイージーになってるはずなんだけど(ここもスカパー放映だし)。みんなが集まってワイワイ観戦できるってのが最大のウリとはいえ、そもそもみんなで観たいゲームってそれこそW杯とか、ごくわずかだからね。つまるところ、スポーツ観れるのはオマケとして、普通に飲食店として一定の水準を満たしておけば経営成り立つってことだな。早くリタイアしてのんびりスポーツバーやりてー。みんな遊びにきてね。

本来の記事はここまで。今日のゲームはあまりに感動したのでレビュー書いちゃうよ。興味ないやつはスルーしてくれ。


d0055469_23113094.gif最初に言っちゃうと、結果はダラスの勝利で初めてのファイナル進出だぜ!

序盤、ダラスのバックコートが早々のファウルトラブルで、一気に10点以上のビハインド。でもそこからじっと我慢して前半をなんとか12点差で持ちこたえる。負けてもゲーム7があるとはいえ、もっと焦ってしまいそうなところをコーチのAJはじっと我慢。点差が開くとファウルトラブルの選手でも出し続けたくなるのに、スッパリと引っ込める。オフェンスでは時間を使い、シュート打てるタイミングがあっても簡単に外からは打たない。ロングリバウンドからの速攻を未然に防いだだけじゃなく、執拗にリングに向かってファウルを誘った結果、点差は縮まらないものの前半終了時にはフェニックスのほうが重度のファウルトラブルに。

さらに3Qのスタート。3ファウルのテリーとハリスのうち、テリーのみを起用しハリスはベンチ。仮にテリーが4つめやってもPG不在とならないように構えた戦略は見事。しかもハリスの代わりは6thマンのスタックではなくグリフィン。実はこのシリーズ、グリフィンは意外と効果的で、ディフェンスローテーションがよくなるほか、ローポストからアタックできたりもして重宝するんだよね。その起用はズバリ。

前半チームで10本打って1本も入らなかった3Pをテリーがねじ込む。このシュート、決してフリーではなかったけど、個人の能力で沈める。多少流れが悪くても個人技でなんとかできちゃうテリーの存在は思ったより大きい(終わってみればテリーは後半だけで17点)。そっからはディフェンスも俄然よくなり、3Q後半猛ラッシュ。エースのノヴィツキーもポイントを重ね、最大18点もあった点差が4点差になって4Qへ。

この勢いは止まらず4Q早々にダラスが逆転。対照的にファウルトラブルを押して出続けたPHXの選手はさらにファウルが嵩む。逆転されてからはオフェンスもバタつき、流れを引き戻せないまま万事休す。AJの見事な采配にほとほと感動したってわけ。流石は今年のコーチオブザイヤー! 前半はだいぶイライラしたけど、ホント観に行ってヨカッタ!!

そんなわけで、ファイナルの組み合わせも決定。プレオーフのレビューとファイナル予想も近々書きますタイ!
[PR]
by april_foop | 2006-06-04 00:00 | 体育
<< 美食百花 dish06 感想/初恋(試写) >>