感想/花よりもなほ(試写)
d0055469_1203072.gif『誰も知らない』の是枝監督が時代劇を撮りました! しかも主演は岡田君&宮沢りえってことで話題の1本。6月3日公開の『花よりもなほ』。
『花よりもなほ』オフィシャルサイト

青木宗左衛門(岡田准一)は、父の敵を討つために江戸の長屋に身を潜める。が、この男、武士でありながらビビリのヘッポコ&ヘッピリ。要するに心根の優しいオトコ。やがて敵を見つけるものの、家族と幸福そうに暮らす姿を前に、その心に迷いが生じ始める。おさえ(宮沢りえ)をはじめとした、長屋のみんなを巻き込んでのすったもんだの末に、さあこの仇討ちの行方は!?

時代劇つーより、長屋ファミリーのホームコメディ。キム兄、千原兄、竜ちゃんら芸人チームがギャグ部門を担当。古田新太、香川照之はさすがの芝居で、作品をコントにせずに笑いを誘う。ここに國村隼や平泉成らベテランと、浅野忠信、加瀬亮あたりが加わった日には、薄汚〜い本格長屋セット(超リアルと好評)も絢爛豪華って言うしかないっス。

仇討ちは確かにストーリーの中心にあるんだけど、あくまで長屋暮らしの日常を切り取ることに主眼が置かれる。全編通して軽〜い笑いのエッセンスを散りばめ、貧しいbut心豊か的な家族愛、隣人愛、つまりは優しさ&思いやりをほっこりと描き出す。そこにあるテーマは『ALWAYS 三丁目の夕日』に通じるね。設定こそ江戸時代ではあるけど、監督の主張はもろ現代日本的。美しすぎてまったく江戸時代に見えない岡田君はなにげにハマり役でした。

別に傑作じゃないけど、そこがまたホっとできる、明るく気持ちのいい映画ですな。ギャグがやや滑り気味なのは大目にみましょ。
『間宮兄弟』以上、『三丁目の夕日』未満てところが妥当な線ね。
[PR]
by april_foop | 2006-05-28 00:00 | 映像
<< ウタダとジャパンが6月をブルー... 舞い上がるサッカーボール >>