感想/ピンクパンサー(試写)
d0055469_14565494.jpg映画『ピンクパンサー』を試写。レビュー書きます。これって昔の作品をリメイクしたものらしーね。5月13日公開。
『ピンクパンサー』

サッカーフランス代表チームの監督がゲーム終了後に殺害された。そして彼の持っていたダイヤモンドも消えた。この事件にあたったのがお騒がせ警部のクルーボー。相棒のポントン君と珍捜査を繰り広げて、パリからNYまでバタバタ、バタバタ。

オリジナルは知りませんけど、ズバリ、時代錯誤な体当たり系ドタバタ喜劇。知性ゼロのフィジカルなボケっぷりに唖然。笑えないってば今時そんな古典的なネタじゃ。。(5%くらいは笑ったけど) だって、シャワー壊れて水ドバーッとか、壷に手を突っ込んだら抜けなくなった!とかだよ? あんまりだよ。あんまりすぎるよ。誰が演じても絶対に滑るストーリーです。でもそれを健気に演じる役者陣の気概には胸を打たれます。ってそこまで汲み取らないとダメなのかよ!

ただ一つ見る価値があるとすればそれはビヨンセ姫! 美しいよ。美し過ぎるよ。英語を解さない僕には幸い演技の善し悪しがうまく判断できないので、その美貌だけを純粋に焼き付ける事が可能。ビヨンセに1800円賭けるかどうかに尽きる一作でした。
[PR]
by april_foop | 2006-05-03 00:00 | 映像
<< 過度にポップなmarimekko 感想/陽気なギャングが地球を回... >>