ドラマリポート2006・2Qその2
d0055469_236592.gifはいな、4〜6月クールの連ドラリポートですたい。ナビゲーターはもちろんドラマっ子(嘘)フープ。

トップキャスター
あー面白かったー。往年の月9!ってバイブス感じたわ。奇をてらわず、小難しすぎず、元気いっぱいハッピー、ハッピー、ときどき恋。これでいーのだよ。型破り女キャスターが何年ぶりかに復帰。周りのスタッフ巻き込んでいろいろと影響与えながら体質を変えていくってね。ポジティブさが押し出され、力の入った勢いのある初回でした。視聴率も23%くらいだっけ? まずまず好調だった模様。次回からトーンダウンしないようよろしく頼もう。

天海祐希、大したキャスターっぷりで存在感ありあり。特に注目したことなかったけど、いい女優だね。美人すぎないところも好感度高い。さすが率の取れる女。生瀬さんは『ギャルサー』と掛け持ちとはびっくり。で、矢田ちゃんも松下奈緒もお美しい。松田翔太くん、ちょっと気に入ったかも。つーわけで合格点。でも途中で飽きる気がすごくする。

d0055469_2374230.gifアテンションプリーズ
『スチュワーデス物語』の原点といわれてる1970年のドラマ『アテンションプリーズ』をリメイク。オリジナルを知る由もないけど、多分まんま設定を現代におきかえてるっぽい。つまるところ、落ちこぼれスチュワーデス志望娘の奮闘物語。

ウエッティがカワイイよ、とにかく。ロック少女なカッコは別に好みじゃないけどキュート。やっぱウエッティはショートで元気はつらつぅ?してるのが一番。ドラマについて言う事は特になし。フツーにどうでもいい感じで、教訓なし、カタルシスなし。観てるうちに「オレ、一体何のためにドラマを観てるんだろ?」って考えさせられました。答えは出ていませんw

d0055469_2382129.gifおいしいプロポーズ
率の取れない女と言われてもハセキョーはやっぱり美しいと思います。小出君はお芝居もうひとつだと思います。これは悪い意味で往年のドラマ。口は悪いが腕はいい女シェフと、若造セレブが、最初は衝突しながら段々ひかれあうってか。女主人公と年下男、でもってセレブを入れこんだあたりが現代的な設定ではあるけど、全然目新しさはなし。今これをやる意味がよくわからん。もう見ません。

「弁護士のくず」は録画したけど気分が乗らなかったので消去。「富豪刑事」は興味ないけど、1回くらいは見てもいいかなーとか思ってます。ちなみに「ギャルサー」の第2話は初回と比べるとちょっとイマイチ。でも見続けるよん。そんなこんなで初回を6作も見ちゃったぜ。最終回まで生き残るのは果たしてどの作品か!? では6月の終わり頃までごきげんよう。
[PR]
by april_foop | 2006-04-23 00:00 | 映像
<< 美食百花 dish03 2006NBA Play of... >>