ようはネタ自慢
d0055469_1561991.gifわたし、日経エンタ!の愛読者です。で、誌面の中に目を引く自社広告を発見。日経エンタ他2誌合同で感動!エンタグランプリ!なる企画をやるんですと。

喜怒哀楽なんでもいーから、感動できるエンタメ指数高い話、大募集だって。人からもらったメールとかの「ありもの」と、イチから考える「つくりもの」の2部門。まあつまりは、"面白い事言いやがれ"ってなもん。が、投稿モノってのはいつの時代も難題だ。思い出されるのは「少年ジャンプ」のジャンプ放送局。奇特人間大賞が好きでした。自分も送ってみたいと思いながらも、なかなか会心のネタ、出てきません。文字で勝負、ってのもハードル高し。まあ喜怒哀楽だからね、そんへんに活路を見出すしかないかも?

ところで「ありもの」と「つくりもの」って区別できるのか? 「ありもの」はいくらでも偽造できそうな気がするが、面白ければなんでもいーのかも。さあ、喜怒哀楽丸出しのアナタ! 締め切りは4月末日。賞金はちょっと安いけど、それが狙い目!? 結果がなにげに楽しみな企画でした。みんなで応募しよーぜ!
[PR]
by april_foop | 2006-03-29 00:00 | 閑話
<< 感想/仮面山荘殺人事件(文庫) 感想/ネバーランド(文庫) >>