感想/白夜行(最終回)
d0055469_23505110.gifドラマ化反対の声が大きかった中で始まったドラマ「白夜行」。映像化は難しいだろーなぁ、と思いながらも、一縷の望みを託して見続けた結果は……、
TBS「白夜行」
大失敗☆

これはもう完全に企画倒れ。公式サイトに「企画意図」ってコンテンツがあって、原作を純愛に結びつける言い訳じみたウンチクが語られてる。そもそもこれが的外れ。だってこの話、純愛じゃないもの。いやまあ、純愛と捉えられなくもないけど、そこが魅力なわけじゃないもの。だから、ドラマオリジナルで描かれた部分がいちいち鼻について、かなりツラかったです。ドラマ化するのが無理だったとは思わないけど、これは絶対にミステイク。

コンセプトがズレてるからキャスティングも原作イメージから遠ざかる。ビジュアルだけで考えると雪穂は鈴木保奈美。桐原は、、、大沢たかお? ちょっと違うか。三上博史?? って「この世の果て」じゃん。年齢の問題を考慮すると鈴木えみと塚本君あたりが良いかも。なんにせよクールビューティじゃないとね。

ドラマでは過剰に人間味を出してたけど、そういうのを超越した無機質さ、非情さが原作のアイデンティティー。濡れない雪穂、イかない桐原、コレが最高に象徴的だったと思うのよ。あらゆる罪の意識から逃れるために、感情はおろか本能すら切り捨てた、って解釈してるので、そういうのをドラマでも表現してほしかった。あとラストは原作に忠実に「全然知らない人です」で、振り返らないのが正しいと思います。

てか原作を先に読んでおいて本当に良かった。そしてドラマしか観てない人、是非とも原作を読んでください。

でも、これに懲りずに「容疑者xの献身」も映像化しちまえ。きっと観るから!w
[PR]
by april_foop | 2006-03-23 00:00 | 映像
<< もっと頑張れ美少年 PSE、誤審気味? >>