感想/愛と死を見つめて
d0055469_2312295.gifテレビ朝日の2夜連続スペシャルドラマ「愛と死を見つめて」。1960年代に大ブームを起こしたという、純愛物語を、広末&草薙で復刻。写真差し替えました(3月20日)。
愛と死を見つめて

まあいわゆる不治の病の物語。話自体に目新しさはなし。難病に冒されたミコと、それを支えるマコ、って話。"セカチュー"や「1リットルの涙」と同系。涙というよりは、その運命の過酷さがただひたすらに痛い。

何よりもさすが広末。ポジもネガもあらゆる感情を表現する見事な演技。基本的に静かな演出だったけど、存在感を示しておりました。特にトイレの中で手術跡を恐る恐る観るシーンは最高だったね。あの恐怖感たるやいかばかりか。草薙君も、相変わらず純朴青年がお似合いです。キャラ通り。その他脇役も豪華でった。犬童一心監督らしい映像でしたね。

難点をあげると、話題作だったからか、CMが多すぎ。物語が途切れる、途切れる。さすがにラストシーン周りはCM入らなかったけど、途中まではあふれんばかり。

別に面白くもなかったけど、広末をお腹いっぱいみれて満足なり!
[PR]
by april_foop | 2006-03-19 00:00 | 映像
<< NANA(15) 話、進んでるわけ? 感想/探偵倶楽部(文庫) >>