骨折キター!
本日は、映画「リトル・ランナー」の感想を記載しようと思ってましたが、急遽予定を変更してお送りします。

d0055469_0575816.gifバスケ中にトップスピードでチームメイトと激突。山王戦で流川が桜木にぶつかった感じ。で、目の下あたりをしこたま打ったんだけど、ちょっと痛かっただけで腫れも無く、特に影響なかったわけ。フツーにその後もプレイしてたし。事態が変わったのは、家に帰って明日からのシンガポール旅行の支度してたとき。ちょっと鼻かんだら、なんか左目の中のなんかがゴボって引っ張られるような、吸い込まれるような、体験した事の無い違和感。で、あっという間に左目が激腫れ。なんじゃこりゃー!?

原因は激突と鼻かみって明らかだったんだけど、どう対処していいかわからん。腫れなんてほっときゃ引くような気はしたものの、なんせ明日から海外。一抹の不安が残るじゃない。ちょっと迷った末にとりあえず救急ありの病院に電話してみると、おそらく空気が目に入り込んで圧が変化したうんぬん、って話。目だから応急処置をすべしとのアドバイス。その病院は眼科の救急はないらしく、板橋の帝京大学病院を教えてもらう。なんてこったい! このときすでに23時。ダルダルですわ。

チャリを飛ばして病院へ。ソッコーでCT撮られる。で問診したら「うん、折れてるね」だってさ。「症状聞いてピンときたんだよね〜。先にCT撮って正解!」なんて名医自慢はいりませんから! いわゆる眼窩骨折ってやつらしい。なんかここの骨は弱くて、格闘技とかでも多いんですと。確かに負けボクサーみたいな顔だ。そう言われると急に眼が重いような(怪我も気から)。。全治3週間の診断だけど、基本は薬の服用と安静による自然治癒。結局のところ放っときゃなおる、だったのね。ただし3週間鼻かんじゃダメですと。ボク、花粉症なんですけど?

「明日また来て」と言われ、おそるおそる明日から海外です!と告げる。「は? どうなってもいいなら行けば?」って突き放してくれるじゃん、センセー。でもそのはっきりした物言い、M心くすぐられて嫌いじゃないっス。とかはどうでもいいけど、結局木曜日に帰ってくるっつったら、許してくれました。なんだい、口は悪いけど、腕と根はいいぜ、みたいなお医者さんだったのね(と都合良く解釈)。

まーそんなこんなで旅行に支障はなさそーだけど、豊玉戦の流川状態(南龍生堂の薬があればなー)。記念写真全部この眼で映るのかと思うと憂鬱。つーか視界せめー。あー、再来週もバスケあるしフェイスガード必要だなー。サッカーの宮本みたいなやつ。来週のボードくらいは大丈夫だよね。てか初出勤までには腫れ、ひくよね?

とまあ旅立つ前からつまづいたけど、マーライオン行って参ります。病院のみなさん、深夜までご苦労様です。ごきげんよう。
[PR]
by april_foop | 2006-03-05 00:00 | 閑話
<< シンガ・プーラ(上) 拝啓hotpepper様。 >>