感想/世界の中心で、愛をさけぶ(DVD)
d0055469_16274741.gifついに見ちゃったってば、映画版セカチュー@DVD。原作全否定派のオレ様ですが、映画はいいよって言われたからさー。行定勲監督だしどんなもんかね、と。

大変申し上げにくいのですが、フツーにつまらなかったなー。いや、小説よりは全然よかった。序盤は面白かったし。でも途中からなんかよくわかんなくなっちゃったっつーか、結末知ってるから別にどーでもよかったっつーか。てかね、間延びしてるような描き足りないような、変な気分になったわ。テープを使った回想の仕方は上手いと思ったんだけどなー。もうちょっと、サクとアキが惹かれあっていく、いかにも青春な淡い恋の過程をじっくりと描いてほしかったし。そして病魔へのそれぞれの恐怖とか苦悩もまだまだ掘り下げる余地あったし。と思う。

うん、でもキャスティングはよかったね。みんなお芝居が達者で、それぞれに大変魅力的でよろしい。長澤まさみ、スタイルが劇的にいい。でもやっぱ楽しめない。結局のところ原作が駄作だからどうしようもないんだよ。そうに違いない。てこで、まだ見てない方、絶対見ないでください。
[PR]
by april_foop | 2006-03-01 00:00 | 映像
<< 広報ピープルと遊ぼう 萌えメガネvsモテ眼鏡 >>