感想/カミュなんて知らない(試写)
d0055469_237234.jpg『カミュなんて知らない』の試写に行ったよ、随分前に。1月14日渋谷ユーロスペース、池袋HUMAXほかロードショー。実はこの映画、大学生たちの話なんだけど、90%が立教大学ロケ。つまり我が母校。そこにひかれて観に行ったんだけど、これがなにげスンゲーよかった!
カミュなんて知らない

d0055469_825479.jpg2000年に日本で起きた高校生による老婆殺人事件をまとめたノンフィクション「退屈な殺人者」をモチーフにした映画を作る大学生たち。いかにも大学生らしい青春グラフティっぷりと、映画を撮るうえで、不条理殺人とは?を考えるサイコサスペンスが合わさって、非常に印象深い一本。で、衝撃のラスト。映画らしい映画を見たなーって感じ。

柏原収史、前田 愛、吉川ひなのなどなど決して派手とはいえないキャスティングながら(黒木メイサ、田口トモロヲも出てるけど)、等身大な感じでよかったなー。2005年カンヌ映画祭、ニューヨーク映画祭出品、かなりいい評価を得たっつーのも納得。実際アメリカでの公開も決定してるとか。あっぱれ。

テーマがテーマだけにダウナーで娯楽作じゃないけど、デプスがあって面白いからみなさんにも見てほしいしね(単館系ですが)。あと映画の本質からはずれるけど、立教キャンパスが最高懐かしかったっス。立教にゆかりのあるかたはなおさら見てほしい1作!

なんでも製作に学生がたくさん携わってるみたいで、その子らのブログも。青春だわー。
「カミュなんて知らない」学生宣伝部ブログ
[PR]
by april_foop | 2006-01-10 00:00 | 映像
<< 男バス日本一 感想/白夜行(文庫) >>