古畑ファイナルズ
d0055469_23512961.gif人気ドラマ「古畑任三郎」シリーズの3夜連続スペシャル。出遅れたけど簡単に各話の感想を。

第一夜「今、甦る死」
あるパン製造業社長が死に、跡を継いだ兄を弟が殺す。しかしその犯行は、真犯人が巧妙に糸を引いたもの。自らの手を汚さない完全犯罪を破綻させたのは15年前の事件だった。

話は面白かったんだけど、藤原竜也と石坂浩二ってのがなー。役にハマってたし、芝居も良かったと思いますが、古畑シリーズってゲストの格を問われてるところあるじゃん。しかもファイナルなわけだし。そう考えると、藤原君ってのは物足りなかった。もーちっと旬な俳優が良かったよ。熊に襲われたのもトリックなのかと思ってたけど、違ったのね。

第二夜「フェアな殺人者」
あのイチローがイチロー役で登場。腹違いの兄を強請るオトコを殺す。古畑の取り調べに対しても、決して嘘をつかないイチロー。古畑が投げたボールとは果たして。

いいじゃんか、イチロー! どうなるかと思ったけど、すごく良かった。演技が上手い!ってことはないけど、素人とは思えない出来映えで、見応え十分。存在感が際立ってたぜ。スターめ。でも話はなんか微妙。やりたいことはわからんでもないけど、んー、しんどかったかも。とにかくイチローに尽きる!

第三夜「ラストダンス」
文字通り古畑シリーズのラスト。二人で作品を生み出してきた美人作家の双子。が、独立を持ちかける姉もみじを妹かえでが自殺に見せかけて殺してしまう。哀しき双子の運命やいかに。

トリックの核心を見抜けず、思わず録画を見返してしまいました。そしてあーなるほど、と納得。て感じで面白かったぜ。基本的に松嶋菜々子は美人と思いません。だってスタイルと小動物顔がアンバランスなんだもの。

古畑シリーズ、実はあんまり見てません。多分細かいところ突っ込んでいけばボロがいろいろ出てきそうだけど、そこは重要じゃないかな、と。ミステリーとしては若干物足りないにしても、連続ドラマとしてはよく出来てると思うよ。エンターテインメントとしてすごいな、と。ウェブからは、過去の事件簿とかもあってなんか懐かしくなったりもできるYO。
古畑任三郎ファイナル
[PR]
by april_foop | 2006-01-05 00:00 | 映像
<< 感想/11文字の殺人(文庫) アキバーサリー >>