感想/野ブタ。をプロデュース
ちと遅れましたが感想をば。
率直に言って、期待してたほどはおもろなかったっス。つまんなかないけど途中からだれて、そのまま惰性で終わった感じ。

以下なんか煮え切らなかったポイント。
・修二君にはもうちっと成長してほしかった
・コメディにふるでも青春にふるでもラブラブするでもなく、かといってテーマ性も打ち出し切れず
・脇役のキャラ強いけど、たくさんいすぎて、なんか生かしきれず
・戸田恵理香がフェイドアウト。もっと見たかった!
・亀梨君の演技はキムタク的。

良かったポイント。
・堀北真希。昨今のティーンズ女優では抜群じゃないかなー。最終回の「たのもー」は最高。
・戸田恵理香やっぱカワイイ。
・クラスの雰囲気自体はすごくよかったと思う

なんだろ、全エピソードがどーも掘り下げ足りなかったよーな。野ブタを虐めてた女子はいつの間にやらおとなしいし、修二くんは干され感がよくわからんし、意地悪の黒幕がなんだかなーって感じだし(あのお祖父ちゃんはホントにお祖父ちゃんだったの?)。話のテンポがいいんだか、悪いんだか、あっちこっちにブレすぎた気がしまさ。

原作のテンションがそういう感じなのかな、と思ってみたり。あれよあれよで単純明快野ブタ。が人気者!ってんじゃなく、プロデュースするうちに自分を見つめ直して、でも現実はそんなにドラマチックには変わらなくて、みたいな。本だといろいろ考えそうだけど、学園ドラマにするには重すぎました。

修二と彰の「青春アミーゴ」、年間一位獲得おめでとうございます。
[PR]
by april_foop | 2005-12-19 00:00 | 映像
<< 感想/1リットルの涙 天下一蹴球倶楽部 >>