ブクロの母
各地で忘年会がとりおこなわれる今日この頃。ご多分に漏れず、って感じでもないけど、仕事終わってから前の会社の忘年会に顔出してみた。22時30分くらいですでに二次会の終盤。退職して1年9ヶ月ほどだけど、まだまだ知ってるスタッフばかりでなんとなく安心。

23時で二次会は終了。大半はそそくさと帰宅。当然オレは物足りない。で、まーいつものメンバーというか、だいたいこういう場面で残ってくれる3人(男2、女1)と一緒に次の店を探す。カラオケ? いや、もーちょっと飲みたいっす。キャバクラ? いや、金ないっす。バー? 騒げないっす。じゃ、「イーグル」は? なんすか、ソレ??

目の前の看板には「パブスナック イーグル」の文字。どう見ても場末。なんか惹かれる。スナック行った事無いし。じゃ、ここ入りましょ、と階段を降りてドアを開けると、ピンポーンってコンビニ入ったみたいな音。いいぞ、この地に足着いた感じ。で、ママ登場。典型的なスナックママって風情。いいぞいいぞ。

ホントは0時で閉店らしいんだけど、珍しい女性客に喜んだママが、しばらくいていいわよ、なんて言ってくれる。5000円/人で焼酎、ウイスキー飲み放題、カラオケ歌いたい放題。悪くないでしょ。池袋じゃスナックはのきなみ潰れて、イーグルは数少ない生き残りらしい。ママの愛想がいいだけになおさら切ない。

気がついたらママがカウンター席で寝始めた。時間は2時。ママは本来ならとっくに家に帰ってる時間よね。と思ったらなんか悪い気がしてきてここでお開き。別料金のビール代はサービスしてくれた。がんばれ、ママ! 応援してるぞ! もしかしたらまた行くかも!
[PR]
by april_foop | 2005-12-16 00:00 | 閑話
<< よりよい暮らしにヴィヴィアンを リーヴァプォー >>