感想/ロード・オブ ドッグタウン(試写)
d0055469_2231437.jpgふた月も前になるけど映画『ロード・オブ・ドッグタウン』の試写行ったのよー。洋画、すげー久しぶりだったかも。ここひと月くらい、ファッション誌やらカルチャー誌、もちろん映画雑誌含めてかなりプロモーションに力が入ってたから目に留まった人も多いのでは。リーバイスも協賛してイベントとかやってたし。
ロード・オブ・ドッグタウン

話は'70年代の実話ベースのスケーター物語。カリフォルニアの片田舎の若者3人が、斬新なスケーティングを次々と編み出して全米に一大スケートムーブメントを引き起こすサクセスストーリー。その成功にまつわる光と陰を西海岸の太陽さんさんでお届けする青春グラフィティでござい。

青春よろしく恋愛あり、友情あり、裏切りありの青臭さ満点。金か名誉か仲間かプライドか。でも健康的。だって西海岸だから。なぜなら主演3人イケメンだから。構成自体に斬新さはないけど、実話ベースであるって点と、スケート中心のスピード&3D感ある映像が実に爽やかで、基本的にアッパーなテンションで見てられる。フツーに、あー面白かったなーって感じ。初めてのデートにちょうどいい的、安パイムービーです。微妙なサブカル感とおしゃれ感で、カノジョの尊敬のまなざしを独り占めできる、ちょいモテ系セレクトです。w

個人的には、ジェイ・アダムス役のコが一番オトコマエ。スクリーンで確認してみておくれ。公開は12月10日。渋谷シネマライズ他。ヨロシク。
[PR]
by april_foop | 2005-11-29 00:00 | 映像
<< ライク ア サーモン ブスカワ親衛隊 >>