太平洋ホエールズ!
5時起床、5時45分出発、6時50分JR津田沼駅集合、10時銚子到着、10時30分出航。
そのこころは!?
「ホエールウォチング」!!!

毎年10〜12月、銚子でクジラが見られるらしく、実はこの企画2年前からチャレンジしてたものの、一昨年、去年ともに当日の天候不良で船の出航が見送られるという不運に見舞われてたもの。でもどーしてもクジラが見たいということで今年3度目のトライ。ついに! ついに! 無事に船は沖へと繰り出したのでした〜。

d0055469_23223216.gifここ2年の鬱憤をまさに晴らしてくれる晴天。波は穏やかで気温も高く、船上に出てもまったく寒くないから超快適なクルージング。海鳥を眺めながら、イルカ&クジラの登場を心待ちにする。いやがうえにも期待は高まる。

が、出てこない。一向に見えてこない。背びれも尾びれもまったく現れない。2時間も走ってとっくに遭遇ポイントに到達してるはずなのに。ちなみにクジラとの遭遇確率は90%以上。なに、オレら残りの数%なんかを年末ジャンボに先駆けて引き当てちゃうわけ!? いら立ちを隠せない面々。クルーズ予定時間は4時間。もう引き返すってことでは……。。

とその時船上アナウンス!
「ただいま船長がブロー(クジラの潮吹き)を確認しました!」d0055469_2323353.gif
どこだ! どこにいるんだ!? いろめきたつ群衆。慌ただしく行き来するスタッフ。オペラグラスを構えるオレ。
「見えたーーーーーー!」
遠く吹き上げられる潮! と、気がつけばアチラでもコチラでも潮、潮、潮! ついにクジラの群れと遭遇だ〜! がぜんテンションは上がる。背びれも尾ひれもチラチラと見える。さらにその時……!
「跳んだ〜〜〜〜〜〜!」
そう、跳んだ。イルカみたいにザッパーンと。これはもう大感激。一緒になってオレもとりあえずジャンプ。3年越しの夢が叶った瞬間である。
よくよく聞くと、このクジラのジャンプは威嚇のポーズらしい。この季節、マッコウクジラは子育て期間らしく、母クジラが子を守るためのアクションだったらしい。くるしゅーない。もっと怒るがいい母クジラよ! その怒りを思い切り見せてみろ!!

いやー、よかった。念願達成だ。ついさっきまでブーたれて不貞腐れててホントごめん。さらに後から聞いた所によると、最終的には28頭のクジラを確認できたらしく(オレ視認15頭くらい)、これはまれに見る大漁とか。しかもジャンプを確認したのは1年ぶりという大フィーバーだったらしい。どうやらうちら、逆の数%を引き当ててたみたい。ラッキ〜☆

d0055469_2324369.gif完全に満たされて帰路へ。結局予定を1時間オーバーする5時間に及ぶロングクルーズ。沖合40キロ強まで出てたらしい。さすがに若干酔ったかも。
しかし今日のグッドコンディションでもけっこうな疲労度だから、もっと波高かったり気温低かったらかなりしんどいかも。クジラだって冷静に考えれば少し遠くにチラチラと見える程度なわけだし。そう考えるとハイリスクなツアーとも言えるけど、でも行って良かった。見られて良かった。

また季節を変えて、イルカウォッチングやクルージングを楽しみたいかも!な一日でした。これにて3年に及ぶクジラ探しの旅、完結!
銚子海洋研究所←本当にお世話になりました
[PR]
by april_foop | 2005-11-26 00:00 | 閑話
<< WJBLをよろしく。 踊りもせずに幕を閉じる >>