寄せ集め鍋
日中、たまってたテレビ録画を消化しつつ、夕方はジムへ。日曜の夕〜夜はけっこう混んでる。やっぱ朝イチで行くのが得策。

夜、わりとご近所な友人宅で鍋をやるということを聞きつけ、仲間に入れてもらう。初訪問だったけど、思ってた以上に近い。JRにして2駅分。チャリで15分。家主の鍋さばきの手際よさに痛く感心しながら日曜の夜がヒマな男女5人で鍋をつつく。美味しいけどどこか虚しい(嘘)。季節にあわせてビールは冬物語をチョイス。これもなんだか侘しい(嘘その2)。

ヒマな男女5人がする話と言えば恋バナでキマリ。しかし、さすがはヒマな男女。大した話が出てこない。いかんせん現在進行形の話に乏しい。ま、それでも楽しい団らんだったさ。この分だと、この冬のうちにあと2回くらいはこの会が催されそうな気もする。残念ながら我が家も提供できそーな見通しなので、気兼ねなくどーぞ。

そんなこんなの、寄せたんだか寄せられたんだか、って感じの鍋でした。ゴチ。
[PR]
by april_foop | 2005-11-13 00:00 | 閑話
<< 心の隙間お押しします ご縁がありますように! >>