感想/1リットルの涙・初回
さーていよいよ今年最後のドラマクールがスタート。ぱっと見たところ、絶対コレは観ておきたい!ってのはナシ。そういうときはとりあえず片っ端から見ろ、だよね。てことで、口火を切るのは沢尻エリカ主演「1リットルの涙」。

難病に犯された少女の人生を描くドラマ。出だしからこれでもかってくらいに重いよ。。実話ベースってのは知ってたが、ノンフィクションの写真まで出てくるとは思わなかった。大きく括れば命がテーマなんだろうけど、不治の病系で切ってくる話は、自分の五体満足さと、それに依存してるのを思いっきり突き付けられるので不得意。そんで、体が言うことをきかない、ということに対してリアルに恐怖してしまう。どこまで観てられるかわかんないけど、とにかく観よう、これは。観なきゃいけない気がする。

少し方向性を変えて。沢尻エリカの演技は初めて見た。「パッチギ」やら「SHINOBI」やらが評価されての主演かね(いずれも観てない)。まずまず見てられる。顔はカワイイけど、それほど好みではない。というか、のりピーを感じる。薄幸顔。「星の金貨」? みたいな(これまた観てないけど)。

ハーフの子って、モデルとしてはよくても、芝居にするとリアリティなくってなかなか苦戦してたけど、沢尻エリカはかなり日本顔だからまったく違和感ないね。木村カエラも不自然じゃないクチだね。演技がナシだけど。土屋アンナ、加藤ローサあたりはハーフ過ぎるんだよねー。なので沢尻エリカがハーフの壁をこえてブレイクするか、ってのも注目でしょーか。

とにかく毎回心して観ないといけないな、と。思う次第。
1リットルの涙
[PR]
by april_foop | 2005-10-11 00:00 | 映像
<< 感想/あいのうた・初回 鍋始めました。 >>