その時歴史が動いた! NBA編 〜HARLEM GLOBETROTTERS〜
d0055469_138590.jpg8月31日放映のテレビ録画をようやく鑑賞。NHK教育でやってる「地球ドラマチック」って番組。ノンフィクション・プログラムで、この日のお題は「HARLEM GLOBETROTTERS」なるアメリカのバスケチームなり。
地球ドラマチック(バックナンバー)

このチーム、NBAができるより前に創設され、NBAがまだ100%白人だったときに存在した、黒人バスケチーム。ただのチームではなく、バスケットを通してエンターテインメントを追求した集団。平たく言って曲芸バスケ、って感じ。今でいうAND 1 MIX TAPEみたいなノリだね。もちろん、時代が時代だから、雰囲気はずいぶんレトロだけど、逆にそれがかなり魅力的。

しかし、このチーム、ただのサーカスバスケ集団じゃなかったらしい。その魅力溢れるゲームは、全米中の注目を集め、ついにはスーパースター、ジョージ・マイカン率いるNBAの人気チーム、ミネアポリス・レイカーズとのエキシビジョンマッチが実現。なんと劇的な勝利をもぎとる。この"事件"によって彼等の高いバスケ能力が広く認められ、白人のスポーツとされていたバスケットが黒人にも門戸を開くきっかけになったそーな。つまり彼らのやってきた魅せるバスケは確かなスキルに裏付けられたエンターテインメントだったってことですな。初めての黒人NBA選手はハーレムグローブトロッターズの選手だったんですって!

ということで、バスケ界のみならず、あらゆる人種(黒人)差別が見直される転機となったエポックメイクなチームだったのよ。さらにアメリカ国内だけでなく、ヨーロッパ、南米などにも遠征し、マイナースポーツであったバスケを普及させたほか、"変わる国アメリカ"のシンボルとして外交的にも大きな影響力を持ったとか。とっても歴史的な集団なのね。

番組は、デビッド・スターン(NBAコミッショナー)、フィル・ジャクソン、ラリー・ブラウン(ともにNBAのヘッドコーチ)、サミュエル・L・ジャクソン(俳優)、カレッジのヘッドコーチ、元NBA選手、そしてハーレムグローブトッロッターズの往年の選手やオーナーなどなど著名人の証言と当時のVTRで構成される。見れば見るほど、このチーム、面白そう。なにげに現存するらしく、しかも9月30日に来日してプレイする予定だったらしいけど、中止になったんだってさ。全然知らなかったから中止でよかったぜ(笑

てわけで、かなり面白プログラムだった。こんなチームが存在したことを知らなかった。まだ見つけてないけど、映像作品あれば見たいっすナ!
HARLEM GLOBETROTTERS(英語サイト)
[PR]
by april_foop | 2005-10-04 00:00 | 映像
<< 記録で見る猛虎'05 OLのオフタイムを考察する >>