酔いどれバスケ
昨日、今日と連日朝9時からバスケ。出版関係のバスケ大会だったのよね。なんかうちの会社の営業の人間にバスケットマンがいたらしく、誘われたので行ってきましたわ。ホントは先週1回戦だったらしんだけどね、行けなかったから。なんでもレベルに応じてリーグが3つに別れてるようで、うちらは初参加につき最下級リーグからスタート。てわけで、相手のレベルも推して知るべしな感じ。1回戦も超楽勝だった模様。

そんなこんなで昨日が準々決勝。平均年齢は30歳超な感じで、スキルもなし=楽勝。てかなんかうちのチームは人数足りなくて学生の助っ人呼んでたからね。反則です。7分4クオーター制で、ほぼ出ずっぱりながらまったく疲れず。だって走ってないし。その必要ないし。

で、今日は準決勝。相手はまたもやオジサマ。でも昨日とは様子が違ってわりかし上手いの。でもってガッツがあるの。なんか見た目ヘボそうで、実はけっこう上手いってのが一番やっかいなんだよね。ついつい油断してペース握られてあれよあれよで焦っちゃうみたいな。とか思ってたら案の定そーゆー展開。今日のうちのメンバーが昨日よりもランクダウンしてたってのを差し引いても、かなりもたついて、最大12点のビハインド。最終クオーターにきて、相手が疲れてからようやく追い上げたけど、一歩及ばず2点差で惜敗。あー、こんなオッサンに負けるなんて! 朝っぱらから!!

て感じで、やっぱこういうちょっとシビアなゲームになるとボロが出るのは相変わらず。所詮はシロート、ファンダメンタルがなってないんすよ。あ、言い訳をひとつ。昨日も今日も、前日飲んだくれててわりと二日酔いだったの。…てのはナシっすよね。
[PR]
by april_foop | 2005-09-19 00:00 | 体育
<< 感想/スクラップ・ヘブン(試写) フェティシズムン >>