ムネオな大地その2
d0055469_1242974.gifd0055469_1254327.gifd0055469_1245851.gifそんなこんなで明けて北海道2日目。実は今日はニセコでカヤックする予定だったのに、前日(すなわち昨日のパーティー中)に突如カヤック屋からキャンセルの電話。予約していたレンタカーだけが残って手持ち無沙汰のメンズ3人。んー。。。

ま、まったくアテないから、とりあえず山のほう行くか、とまずは羊蹄山。登山口まで行ったものの、ひと気が全然ない。キャンプ場もあったけど、人影まばら。登山できるはずもなく、とりあえず登山口で写真を一枚。想像の中で登頂したことにして、山頂の思い出を適当に語らうボクら。なんてけなげ。

続いて、今度は登れる山に、ってことでアンヌプリ国際スキー場のゴンドラに乗って1000m展望台へ。ニセコアンヌプリ 「山頂の気温:16度、視界:不良」の文字にもひるまずいざゴンドラにライドオン。登ること約10分。その間下りゴンドラですれ違ったのは熟年夫婦2組のみ! これはすごいところにきてしまった感を覚えつつ、ついに山頂へ! 足を一歩踏み出せばそこは……
五里霧中! ことわざ的な意味ではなく、文字どおり見渡す限りの霧、霧、霧。なにひとつ展望できない展望台に、なんとなしお先真っ暗感を覚えつつの記念写真。もちろん、背景真っ白。ここまでくるとテンションもどんどんあがってくるから不思議。

d0055469_1261026.gifd0055469_126211.gifd0055469_1263229.gif下山したところで、いい具合に空腹。ここにくる道中見かけた気がする「ジンギスカン」の文字を求めてドライブすること30分。ものすごい遠回りしたけど、実はすぐそばにあったという、灯台下暗しを地で行きつつ、このジンギスカンは本気で美味しかった。セットでひとり1000円。こりゃーいい。で、ラストは温泉。ここも気持ちいい。露天風呂の男湯女湯のしきりがやけに低いというセキュリティーの甘さも魅力。外部からも余裕で侵入可能。かえすがえすも、大らかだぜ道民は。

札幌に戻って、再び寿司でフィニッシュ。チェーン店でも美味しいのが北海道のお寿司。いやいや、まったく計画性ナシだったけど、なんとか楽しめるもんだね。よく笑いよく食べた一日でござった。ちなみに。本日衆議院選挙ということで、ホテルでテレビをつけるとどこもかしこも当選が決まったムネオ一色。しかも娘をつれて生出演。道民、つくづく気が大きいなぁ!

追伸。翌12日(月)、新郎君の運転で支笏湖を回りつつ、新千歳空港に送ってもらって解散。白い恋人を手土産に帰京したのでしたー。いやいやなかなかよい蝦夷旅行だった!
[PR]
by april_foop | 2005-09-11 00:00 | 旅情
<< 感想/スローダンス ムネオな大地その1 >>