感想/カスタムメイド10.30(試写)
d0055469_233686.jpg仕事の絡みもあって、晩秋公開予定の映画「カスタムメイド10.30」をサンプルビデオで鑑賞しまひた。主演は、最旬タレント・木村カエラ! 初演技、あーんど、もちろん初主演!
カスタムメイド10.30

去年の10月30日に奥田民生が広島市民球場で実際に行ったライヴ、ひとり股旅(※)をベースに、広島在住のひとりの音楽好き女子高生まなも(木村カエラ)がその場にいたら、みたいな設定の軽いドキュメントタッチなストーリー。
※ひとり股旅/奥田民生ソロデビュー10周年を記念し、故郷広島で行われたスペシャルライヴ。広島市民球場でのライヴは初。グラウンドには民生一人(スタッフも観客も入れない)。そしてアコースティックスタイルと、かつてないスタイルで行われた伝説的ライヴ。

リアルな奥田民生のライヴと楽曲に対して、どこか浮遊感があってSFちっくなまなもの生活。ガールズバンド、再会した妹、謎の天使とカミサマ、などなどが登場して、正直、筋立て自体はよくわかんないって感じなんだけど、そこは音楽のよさでカバーかな。うん。てかカエラ可愛いです。雑誌とかで見ると微妙なときもあるけど、映像で見るといいねー。お歌も悪くない。演技は……、まあ女優じゃないし、ね。

ということで、何が面白いってもんでもないけど、カエラ&民生ファンは楽しめる作品かな、と。音楽ありきな映画だから、リラックスして音楽と映像をゆるく受け止めるのがこの作品の楽しみ方かと思いまする。
[PR]
by april_foop | 2005-08-16 00:00 | 映像
<< 代表デビュー! 感想/放課後(文庫) >>