本当のリアル
9時からバスケ@池尻。帰宅して昼寝。夜はサッカー東アジア選手権を見ると見せかけて、BSでヤクルト@阪神を見てしまうんですな。ついに藤川が初黒星。超久しぶりのカード負け越し。中日とは3ゲーム差。そして死のロードへ。不安要素だらけだけど、せっかくだししびれるデッドヒートを繰り広げてほしいっス。

フジテレビのドキュメンタリー番組「NONFIX」をみた。26日の深夜(27日AM)放送分を録画してたの。題材は車椅子バスケ。ある車椅子バスケチームと、プレイヤーたちを通して障害者スポーツの現実を追う。漫画「リアル」の作者、井上雄彦が取材したこともあるチームのようだ。

とにかくハードだ。予期せぬ障害を持った本人たち、そして家族が、その現実を受容する辛さ。ハンディを背負って暮らすのみならず、車椅子バスケという夢をもって生きる姿。健常者で、のうのうと生きてる自分を省みると、思わず目をそらしちゃいそうなほどに過酷だ。でもそれがリアル。目を背けてもどこにも行けない。

彼等は明るい。いや、実情はいろいろあるだろうけど、少なくとも画面上は明るかった。そういえば漫画「リアル」の登場人物たちも、ごくごく普通のキャラ。そりゃそうだよね。事故や病気になるまでは、みんな健常者だったんだから。

リアルはリアル。大事なのは腐らないこと。障害者も健常者も。強い心ってのはカッコイイよ、やっぱ。
NONFIX
[PR]
by april_foop | 2005-07-31 00:00 | 映像
<< スクリーミング! 鍵屋玉屋の世界デス。 >>