RE:CREATION
女友達が撮った映像作品が上映されるというので観に行ってきた。大学時代の友人で、卒業後、映像の学校へ行き、さらにはNYの学校にも行ってきた、クリエイティブなヤツ。そういう若手映像作家たちの作品を集めた、短編映画のロードショーイベントなわけです。
詳細コチラ↓ 映像作品募集してます。
ACTIVE CINE CLUB

ショートフィルムって、限られた時間の中で客を引き付けなきゃいけないわけだから、すっごい難しいと思うのよね。ストーリーで持ってく、みたいなことしてる時間ないし。映像の力と、一瞬のきらめきつーか、まあテーマそのものが重要というか。グッとつかんでパッと離すような瞬発力つーのかしらね。よくわかんねーけど。
d0055469_21122276.gif
まあ小難しいことはわかりません。シロートですから。でも、面白かったんだねー、これが。友達が撮ったドキュメンタリーも、そいつの周りの仲間が撮った作品も。友人のドキュメンタリーは、NYで役者を目指して芝居に打ち込む日本人6人を追っかけたものだったんだけど、そこに出てくる彼等の姿は、今日作品を持ち寄った人たちにも通じるんじゃないかな、と。ライヴな自分を行ってる感じがね。夢に賭けるパッションつーんすかね。

だから、作品そのものもさることながら、こういうのを同年代の人間がクリエイトしてる、ってことに深く感激したわけです。なんかものすごくインスパイアされたというか刺激的だったわ。別にオレも映画を撮りたい!ってんじゃないけど、とにかくスゴイな、と。オレももっとやんねーと、みたいな。
d0055469_21125769.gif
今回の会場は、池尻にある世田谷ものづくり学校。初めて行ったけど、なんでも、IDEEが廃校を改装して作った新しいコミュニティなんですって。懐かしさあふれる学校ならではのたたずまいに、デザインセンスに富んだ内装が合わさって、まさにレトロフューチャーって感じ。カッコイイ。去年できたんだけど、なにげにオレの後輩がここの内装ペンキ塗りをボランティアでやってたんだってさ。そういえばそんな話聞いたことあったけど、ここだったとは。なんか不思議な巡り合わせだなー。
IID世田谷ものづくり学校

てわけで、すげー楽しいイベントでした。お誘いありがとう。次やるときも是非呼んでおくれ!
[PR]
by april_foop | 2005-06-19 00:00 | 映像
<< クラッチなオトコ detective bar >>